心身の疲れを感じる人のための商品特集

2016/10/28

心と体が疲労を感じているとき、あなたは何をしようとしますか?

 

疲労を感じたときの対処は人それぞれだと思いますが、本来の正解は「休息をとる(ゆっくり寝る)」ということではないでしょうか。

心と身体は繋がっています

疲れを感じているときは、心や体のエネルギーが枯渇している状態。そんなときに、無理に自分を鼓舞するような行動はNG。余計に疲れてしまいます。心のサインを無視して頑張りすぎると、本格的にエネルギーが切れて頑張れないという状態(うつ状態やプチうつ状態)になってしまうことも。

 

育児、睡眠不足、看病、介護、受験勉強、闘病生活など心や体に疲労を感じているときは、とにかく「休息」が必要です。その過程で、アロマやフラワーエッセンス、ハーバルサプリメントを上手く取り入れましょう。元気や活力を取り戻すお手伝いをします。また、疲れを溜めこまないための予防としても活用してください。

 

 

フラワーエッセンスでエネルギー回復

まずは、精神的にも肉体的にもクタクタで疲労困憊して、エネルギーを消耗しきったときに役立つフラワーエッセンスをご紹介します。

 

オリーブ(元気・活力)スーパーバイタリティ(元気と活力)は、心身や魂を元気に回復させ、エネルギーとバイタリティを与えてくれるフラワーエッセンスです。ライラックは、気力を取り戻す手助けとなります。スーパーイミューン(自己活性を強化、保護する)は、エネルギーを活性化し、強化して、回復を早めてくれるフラワーエッセンスとアロマのヒーリングミスト(スプレー)です。どれも夜中の育児、毎日の介護、ハードワークなお仕事といったエネルギーを消耗されている方に特におすすめです。

 

休むことが苦手なあなたにおすすめのリラックス方法

なかには、上手に心身の疲労をケアできない方も多いかと思います。いつも忙しく動き回っている、スケジュール帳が予定で埋まっている。すると、忙しい毎日に慣れてしまって、常に疲れが溜まっている状態になります。

 

そんなときは、香りによる癒やしも活用しましょう。アンシェントメモリーオイルのヒーリング(癒し)で、1日の疲れをその日のうちにケアしましょう。また、インナーチャイルドメッセージのMeditation(瞑想) メッセージオイルをおやすみ前のリラクゼ―ションアロマとして使ってみましょう。

 

ワーカホリック度が高い場合

そして、いわゆる仕事中毒や頑張り屋さんタイプの方には、ゆっくりする時間を持つよう促すアロエベラがあります。

 

いつも身体に力が入ってしまい、うまくリラックスできず、なかなか疲れを癒すことができない方には、ダンデライオンが緊張した心身をほぐします。ダンデライオンは、自分は疲れやストレスとは無縁だと思いがちな方におすすめ。自分でそれほど意識していないストレスとストレスからくる身体の不調をケアすることも大切です。あなたを取り巻くネガティブエネルギーをクリーンにしてくれるオーラ クリーニングをお風呂に入れてゆっくりしましょう。

フラワーエッセンスを入浴時に使用する場合は、バスタブに10滴程を垂らして10~20分ほど浸ります。お好みでアロマを垂らしてもいいですね。

 

 

そしてお風呂上がりには、フラワーエッセンス配合のクリームやオイルで全身ケアしていきましょう。

 

アマゾナス クリームは、血流や気の巡りを良くし、体全体のエネルギーの流れを活性化させてくれます。レスキュークリームもまた心のコリまで流してくれるでしょう。フラワーエッセンス入りのマッサージオイルのラピスライトオイルは、チャクラを意識してケアします。ラピスライトオイルを手のひらとハートチャクラ(胸の中央)に塗りましょう。心をクリーンな状態にしてくれます。

 

カラーセラピー

セルフセラピーの中でおすすめなのが、フラワーエッセンス「カラーコロナのカラーライトエリクシール」。色の力とフラワーエッセンスの力を融合させたパワフルなエッセンスです。

 

心や体に疲労を感じているときにおすすめしたい色は次の3色。疲れた心を癒し、心の中のコップを満たして前向きな気持ちを育む色です。

 

ブルー

心に疲労を感じているときって、何だか息苦しさを感じたりはしませんか?言いたいことや感情を押し殺しすぎて心や体に疲労を感じるのは、現代人の中でも非常に多いパターンです。喉のあたりに息苦しさを感じるとき、人と話すときに不安感にさいなまれるとき、そんなときはブルーやライトブルーを身に着けるのがおすすめです。ブルーは心に自由と平和をもたらす色。あなたが抱えている問題を穏やかに受け入れ、解消することを助けます。

 

 

パープル

心と体に疲労を感じているときには、パープルもおすすめです。ただし、パープルは使用に少し注意が必要な色。過敏になった神経を鎮めて心を穏やかにする作用がありますが、強く働きすぎると逆にうつ状態になることが。心や体に疲労を感じているときには、劇薬になってしまうことがあるので、色として使う場合は透明感のある明るいパープル、ライトパープルをおすすめします。また、フラワーエッセンスのように、色の深みに左右されないものもおすすめです。

 

 

グリーン

癒しと休息の色、グリーンは心に疲労を感じているときにぜひとも身に着けたい色。心に余裕がない人やうつうつとしている人が無意識に選んでしまう色の第1位でもあります。私たちの心の深い部分に優しく浸透し、心にゆとりのスペースを作るといわれています。お部屋に観葉植物、緑が多く含まれた草花を置くのもいいですね。

 

 

ハーブのチカラで健康維持

疲れを溜めこまない身体にするためにハーバルサプリメントやハーブチンキを毎日飲む方法もおすすめです。

 

 

ジェモセラピーのコモンバーチ(全身用)は健康維持に役立ちます。ナディエのエゾウコギの根エキス(Eleuterokok)ハーブエキスは、夏バテ対策としてもおすすめ。

 

ジェモセラピーやナディエは、飲んでいきなり効果が現れるわけではありません。飲み続けることによって体調が少しずつ少しずつ変わっていくサプリメントとして日々の体調管理に取り入れましょう。そして、疲れにくい強い身体作りを目指します。

 

 

「病は気から」という日本の言葉にもあるように、心と身体の繋がりを意識しながら、上手にフラワーエッセンスやアロマ、ハーバルサプリメントなどでセルフケアしていきましょう。さらに心身だけでなく、自分の環境や日頃の行動も調和が取れてこそ、健全な状態と言えます。フラワーエッセンスで、バイタリティ溢れる毎日を過ごせるようにしたいですね。

 

 

Tamami

Tamami

フラワーレメディ公認セラピストとしてお客様からの商品のお問い合わせやご相談を担当。娘ふたりの子育てとビーグル犬にフラワーエッセンスを活用して8年。日々の生活で使うアロマが得意。カウンセリングでは思春期の悩み、トラウマ、死別といったさまざまなお悩みにフラワーエッセンスをご紹介しています。