イチョウは日本で古くから親しみのある樹木

イチョウの花言葉、「荘厳」や「長寿」からイメージできるように、イチョウは神社やお寺の御神木としてよく植えられていたりしているので「荘厳」と呼ばれたり、また植えてから実が成るまで時間がかかったり、樹齢がとても長いという特徴があるところから「長寿」という花言葉がつけられたそうです。イチョウは、日本でも古くから親しまれており、室町時代には園芸用に栽培されていたという記録も残っています。現在も最も多い街路樹として、約57万本が沖縄を除く全国各地に植えられているそうですよ。

イチョウ(ginkgobiloba)