「献身的な愛」と呼ばれる愛情の植物オレンジハニーサックル

オレンジハニーサックルの鮮やかな色と甘い蜜は、見る人を楽しませます。ドイツのある強制収容所、柵に絡まったたくさんのオレンジハニーサックルが成長していました。戦時中に収容された大勢の人が、屋外に集められたとき、その花の色に癒されたと語られました。少し看守の目を盗んでは、オレンジハニーサックルの蜜を食べ、つかの間の癒しを得たという逸話があります。オレンジハニーサックルを含め、ハニーサックルには「Bonds of love(愛の絆)」や「Devotion(献身的な愛)」と言われます。ヨーロッパでは、こうした戦時中のドイツの状況もあり、人を癒す愛情の植物としての説もあります。

オレンジハニーサックル(orangehoneysuckle)