グレープヒアシンスはなぜ悲しみのシンボルなのか!?

グレープヒアシンスは、別名で「ムスカリ」とも呼ばれます。名前の由来は、ギリシャ語の 「moschos(ムスク)」が語源とされています。ムスクとは麝香鹿の腹部にあるジャコウ線から分泌されるものを乾燥して香料にしたもので、香水などに使用され、最も有名な成分の1つとされていますよね。またグレープヒアシンスの花言葉は「失望」、「失意」があり、特に紫色が悲しみのシンボルになることが多いです。その由来はギリシア神話において大量の血を流して死んでしまった美少年ヒュアキントスのその血から紫のヒヤシンスの花が咲いたと言われ、紫のヒヤシンスは悲しみのシンボルといわれるようになったそうです。こんな花言葉を持っているグレープヒアシンスは、誰かにプレゼントする時は気をつけたいですね。

グレープヒアシンス(graphiresince)