爽やかなレモンスカッシュのような香りが第3チャクラへアプローチしてひらめく力をサポート

 

ひらめきや先見の明がある人は、いつも生き生きとしていて自分に自信があるように見えませんか?実はひらめきやアイデア、分析などを司るのは、自我や自信につながる第3チャクラ。自己肯定感を高めるのに必要なチャクラです。インナーチャイルドメッセージオイルの「マニプラ(第3チャクラ)(宝珠のありか)」は、色と香りと聖なる力でこの第3チャクラに活力を送り込み、自信やひらめきの力をサポートするオイルです。

 

マニプラ(第3チャクラ)(宝珠のありか)

 

 

【マニプラ(第3チャクラ)(宝珠のありか)の香りとヒーリングイメージ】

爽やかなシトラスと甘くふんわりとしたフラワーノートが香るオイルです。

 

第3チャクラは、へその上から指3本分ぐらいのあたり、みぞおちに位置するチャクラです。
この第3チャクラは、別名「太陽神経叢のチャクラ」といい、不安や焦燥、怒り、嫉妬などのネガティブな感情と密接に関係します。

 

「マニプラ(第3チャクラ)(宝珠のありか)」は、その第3チャクラを浄化し活力を与えるエネルギーがこもったオイルで、無意識のうちに溜め込んだ怒りや不安などネガティブな想いをクリアにし、幸せを引き寄せるように促します。胃の中をスーッと掃除してくれそうな優しく爽やかな印象のオイルです。

 

ボトルを開けた時に最初に感じるのは優しいフローラル調ですが、オイルを温めるとフローラル調は奥に引っ込み、フレッシュなシトラス調が前に。甘さと爽やかさ、そして甘酸っぱさ。その3つを感じる香りで、軽やかながらも適度な重たさで体の内側に浸透します。

 

第3チャクラ系をイメージした香りはフレッシュで爽やかなものが多いのですが、それを維持しつつ柔らかさや甘さ、女性的な雰囲気をうまくブレンドしてあるオイルです。オイルの持つ優しく爽やかな香りが私たちの心に救ったネガティブエネルギーを内側からじんわりと溶かしてくれそう。

 

オイルの色、黄色にも注目してみましょう。黄色は第3チャクラに対応した色であると同時に、欧米では個人の幸せを表す色。パッと明るく光を照らすかのように邪を払う色でもあります。

 

第3チャクラは「お腹にある脳」とも言われる場所で、非常に重要なチャクラです。怒りやストレスを溜め込みやすい場所で、溜め込みすぎると胃に影響が出ると言われています。

 

胃腸が弱い方や人生に前向きになれない方、不安やストレス、怒りなどを抱えている方には、ぜひとも使ってみてください。オイルの持つ色と香り、そしてヒーリングエネルギーで、第3チャクラを浄化・お掃除しませんか?

 

【マニプラ(第3チャクラ)(宝珠のありか) おすすめの使用方法】

アロマペンダントに入れて持ち歩く他、アロマディフューザーや加湿器で香りを拡散させるのがおすすめです。

 

ストレスが溜まっている時や胃が重たい気分の時、苦手な人に会う前などに、オイルを垂らしたティッシュを胃の辺り、太陽神経叢のチャクラ付近に当てて、軽く深呼吸をしてください。この時、オイルの香りやエネルギーを感じ、それを取り込むようにイメージしましょう。オイルの力がストレスから身を守ってくれます。

 

この他に、瞑想時や満月や新月の祈りの際に芳香オイルとして使用するのも、太陽神経叢の活性化や引き寄せ力のパワーアップにつながるのでおすすめです。

 

【マニプラ(第3チャクラ)(宝珠のありか) 香りのノート】

フラワーノートと柑橘ノートが混ざり合う甘酸っぱい香り。最初に香るのはフラワーノート。次に柑橘ノートが前面に出て、フラワーノートは後ろから支える存在に。2つのノートは次第に混ざり合い、甘く落ち着いた香りに変化。

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。