気持ちが落ち着かない時は やさしいウッディーな香りが心の安定をサポート

 

気持ちが落ち着かず心がざわめく時、イライラとした気持ちを静めたい時に、スパイシーな香りを嗅いで心を穏やかに導きませんか?注意力が散漫になっている時や落ち着かない気分の時に、キュッと気持ちを引き締めるアロマオイルです。甘さが少なめで男性にも使いやすいウッドスパイシーな香り。プレゼントとしても人気が高い「ヒューマニフェストシリーズ ピースオイル」をご紹介します。

 

ヒューマニフェストシリーズ ピースオイル

 

 

【ヒューマニフェストシリーズ ピースオイルの香りとヒーリングイメージ】

心がざわめいて自分らしくいられない時や自分を見失っている時に、本来の自分に戻る手助けをしてくれるオイルです。使われているのは、精油の他にフラワーエッセンスやジェムエッセンス。そこにベースオイルがブレンドされて、身体に塗るのにぴったりのトリートメントオイルとなっています。

 

ピースオイルに配合されている精油は、ローズ、ローズアンジェリカ、ヘリクリサム、ロータス、サンダルウッド、スパイクナード、ベティグレイン(プチグレン)、ミルラの8種類。ウッディな香りや土っぽい香り、スモーキーな香りと一緒に、爽やかな甘さを持つ香りがブレンドされています。グラウンディングと意識の向上をもたらす要素が強い精油がメイン。深い落ち着きを感じるアロマオイルです。

 

パワフルな8種類の精油と、そこに合わせてブレンドされた様々なエッセンス。精油の力もパワフルですが、一般的なブレンド系のアロマオイルにはない要素として、エッセンス系のパワーも強く働いているオイルです。使われているエッセンスは、フラワーエッセンスが10種類にジェムエッセンスが25種類。こちらも、心と体に作用するエッセンスがふんだんに含まれています。

 

このオイルを使っていただきたいのは、心のざわめきを自分でコントロールができない方、大切な時に気持ちが落ち着かず不安定になりがちな方、理由のない不安に悩まされている方です。不安定な気持ちや心の暴走を静め、落ち着きを取り戻すよう精油の力がサポートしてくれます。

 

ピースオイルに使われているスパイクナードは、古くはナルドの香油として珍重されてきたオイルです。古代エジプトやギリシアでも使用されてきた他、新約聖書には最後の晩餐の前にマグダラのマリアがイエス・キリストの足を拭うのに使ったと記されています。そのスパイクナードの他、癒やしと気づき、グラウンディングに効果がある精油が多数含まれたオイル。深い癒やしと落ち着きを得たい方におすすめです。

 

【ヒューマニフェストシリーズ ピースオイルのおすすめの使用方法】

ウッディな香りが強いスーッとするブレンドオイルです。トリートメントボトルなので、ふさぎ込む気持ちが強い時には、喉から胸の上部にかけて塗り込めてみてください。ネガティブな感情に振り回されている時や混乱している時にもよいでしょう。心と体に静けさを取り戻すようサポートしてくれます。スピリチュアルな傾向が高い方には特によいオイルです。

 

【ヒューマニフェストシリーズ ピースオイル 香りのノート】

ローズ、ローズアンジェリカ、ヘリクリサム、ロータス、サンダルウッド、スパイクナード、ベティグレイン、ミルラのブレンド。スパイシーさを含んだウッディかつスモーキーな香りに、ほんのり薫るフラワー調の香りが特徴。爽やかかつスパイシーな香りに仕上がっている。キャリアオイルにブレンドされたタイプで、ボディに塗ると最後にウッディな香りが残る。香り持続力はかなり高い。スーッとした香りが最後まで心地よく続く。

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。