頑張りすぎかな…ふっと心の力を抜きたい時はこの香り

3628b9aaf5f792899e73bef905746de5_s

 

毎日を頑張るのはとてもよいことですが、時には少し肩の力を抜いてリラックスしてみませんか?普段頑張りすぎている人や自分を追い込みやすい人に使っていただきたいのが、カレル・ハーデックの「土 ブレンドオイル」です。ローズやゼラニウム、ジャスミンからなるフローラルな香りと柑橘の爽やかな香り、そしてサンダルウッドやフランキンセンスのオリエンタルな香りが混ざり合う「土 ブレンドオイル」の魅力をご紹介します。

 

カレルハーデック 土 ブレンドオイル

 

0000000076292

 

【カレルハーデック 土 ブレンドオイルの香りとヒーリングイメージ】

ローズやゼラニウムという女性性を高める香りに、ジャスミン、サンダルウッド、フランキンセンスのオリエンタルな香りが混ざり、そこにレモンやグレープフルーツがアクセントになっているオイルです。甘すぎず爽やかすぎず、適度な落ち着きと深みを感じさせる大人のアロマオイル。どっしりとしながらも女性的な部分を失わないブレンドです。

 

「土」というブレンドオイルですが、地味な印象はなく、日常生活の中で燻らせたい香りです。豊かな生活やリラックスできる空間をイメージさせる香りで、来客が多いリビングにぴったりです。また、一人のリラックスタイムにもどうぞ。

 

肉体や物質など、形あるすべてのものを象徴するのが「土」のエレメントです。私たちの生活に関連するすべてのものをつなぐエレメントと言ってもよいでしょう。その「土」のエネルギーをスムーズに取り込めるようにと、工夫されているのがカレル・ハーデックの「土 ブレンドオイル」。

 

「土」というのは、心の領域(水のエレメントの分野)と非常に縁が深いエレメントです。私たちは、心にゆとりがないと、現実的なことや物質的なことにはなかなか目が行きません。また、逆に物質的なものにとらわれすぎると、今度は心の部分が疎かになってしまうことがあります。カレル・ハーデックの「土 ブレンドオイル」は、日常的な1つ1つの出来事に目を向けられるようにと、心のゆとりを取り戻し、現実生活を受け入れることを手助けするように複数の精油がブレンドされています。

 

自分を見失いがちな時に、少し立ち止まって物事を見つめ直したい時に、そしてリラックスしたい時におすすめです。

 

【カレルハーデック 土 ブレンドオイルのおすすめの使用方法】

日常的に使っていただきたいので、芳香浴や芳香剤としての使用をおすすめします。普段いる場所に香らせるようにして使ってみてください。芳香浴であればアロマディフューザーで部屋全体に香らせるように。芳香剤として使用するなら、素焼きのプレートに数滴垂らすか、吸水性ポリマーを使うとよいでしょう。

 

≪吸水性ポリマーを使った芳香剤の作り方≫

プチプラ雑貨店などに置いてある水でふくらむビーズか、ジェル上の保冷剤を使います。中身を出して(水でふくらむビーズの場合は適度に水を含ませて)おきます。その上から、アロマオイルを垂らすだけでOK。吸水性ポリマーが精油を内部に閉じ込め、香りが長持ちしますよ。見た目が気になる人は、上に造花などを飾ってみてくださいね。

 

【カレルハーデック 土 ブレンドオイル 香りのノート】

フランキンセンス、ローズ、ゼラニウム、レモン、グレープフルーツ、ジャスミン、サンダルウッドのブレンドオイル。フローラル調の甘やかさと柑橘の抜けるような香り、そして最後に甘くオリエンタルな香りが届く。

 

香り自体は甘やかなものの、単に甘いだけではない。人肌に温めると、レモンとグレープフルーツの苦みある爽やかさが香り、次第にローズ、ゼラニウムの爽やかな甘さと混ざり合う。最初に来るのは爽やかな甘さだが、ミドル~ラストにかけては、フランキンセンスとサンダルウッドが全体を落ち着きのある香りにまとめている。途中でふわりと香るジャスミンが混ざり合い、ラストを柑橘の名残が残るオリエンタル調に変えている。

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。