自分と向き合う静かな時間 より深いリラックスタイムへいざなう香り

o0640042713779325084

 

ざわつく心を感じて落ち着かない時、心を静かにして自分と向き合いたいと思った時におすすめしたい精油が、カレル・ハーデックの「金 ブレンドオイル」です。ローズやオレンジ、ジュニパー、サイプレスなどがブレンドされたオイルで、ざわつく心を静め、穏やかな状態に導きます。女性性につながる精油が入っていて美容効果も期待できるアロマオイル。甘すぎる香りが苦手な人にもおすすめしたい「金 ブレンドオイル」の魅力をご紹介します。

 

カレルハーデック 金 ブレンドオイル

 

0000000076272

 

【カレルハーデック 金 ブレンドオイルの香りとヒーリングイメージ】

ローズとオレンジの甘く華やかな香りに、ジュニパー、サイプレスなどの爽やかさが組み合わさった精油です。華やかな印象がある反面、ほのかに香るフランキンセンスが全体を落ち着いた印象にまとめ上げています。

 

甘すぎず、爽やかすぎず、絶妙な印象の精油です。例えて言うなら、お花屋さんや園芸店にいるかのよう。花と葉、樹などに囲まれたイメージで、全体的なバランスのよさを感じます。ほんのり香るクローブが、スパイシーな引き締め役になっています。

 

心がざわついている時や何となく気分が落ち込んでいる時、自分に自信が持てない時は、静かな心で自分と向き合う必要があります。そんな時に支えとなってくれるのが、こちらの「金 ブレンドオイル」です。浄化のハーブとも言われるジュニパーに、死と再生の香りと言われるサイプレス、心を静める効果のあるフランキンセンスがブレンドされ、更に高揚感や自己肯定感、活力、安心感を高める精油(タイム、クローブ、ローズ、オレンジ)が入っています。

 

金は静かに休息することが必要なエレメントと言われています。秩序の確立、統合、再形成など、自分自身を見つめることで心のバランスを取ることを助けるエレメントです。カレル・ハーデックの「金 ブレンドオイル」は、金の性質が持つ統合、再形成の力に着目し、私たちが日々の暮らしの中で壁にぶつかった時に助けとなるオイルとして、幾つもの精油をブレンドして金属性のエネルギーを再現しています。

 

心に混乱が生じている時、自分自身を見つめ直したい時、価値観や考えを再構築したい時などにぜひ使ってみてください。目的を決めずに深くリラックスしたい時にもおすすめです。

 

【カレルハーデック 金 ブレンドオイルのおすすめの使用方法】

全身にまとわせるように香らせることで高い効果が期待できます。マッサージオイルにブレンドするか、芳香浴として使用してください。

 

≪マッサージオイルの作り方≫

植物性オイル5mlに精油を1滴垂らします。よく混ぜてから首や胸元に塗りましょう。オイルは作り置きするよりも、その都度作るほうがよいです。

 

【カレルハーデック 金 ブレンドオイル 香りのノート】

ジュニパー、サイプレス、タイム、クローブ、ローズ、オレンジ、フランキンセンスのブレンド精油。柑橘の甘酸っぱさにローズや樹木の爽やかな香りが合わさったバランスのよい香り。

 

ローズとオレンジの甘酸っぱさにジュニパー、サイプレスの爽やかな香りが混ざり合い、どんなシーンにも合いそうな香りを作り出している。人肌に温めると最初にオレンジの甘酸っぱい香りが立ちこめ、そこにローズやジュニパー、サイプレスなどの香りが混ざり合っていく。最後に香るのはクローブとフランキンセンスが混ざり合ったオリエンタルな香り。西洋風の香りから始まってオリエンタルな香りに変化していく流れは、心のゆらぎを表しているかのよう。

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。