インナーチャイルドを癒して自分らしさを取り戻そう!

 

 

 

近年、さまざまなところで目にする機会が増えた「インナーチャイルド」という言葉。
あなたは意味を知っていますか?

 

インナーチャイルドは、大人になってからの人生にも影響を与えると言われるほど、大切なものなのです。

 

「自分に自信が持てない」
「人間関係が上手くいかない」
「いつも孤独で辛い」

 

など、原因が分からない悩みを抱えている方は、インナーチャイルドが傷ついているかもしれません。

 

そこで今回は、インナーチャイルドについて詳しく見てみたいと思います。
癒し方やおすすめのボトルもご紹介しますので、悩んでいる方や心当たりのある方は読んでみてくださいね。

 

インナーチャイルドってなに?

 

インナーチャイルドは、訳すと「内なる子供」という意味があります。
自分の心の中にある子供時代の記憶や感情を指す言葉で、主にネガティブな意味合いで使われるのが特徴です。

 

子供の頃に受けたショックな出来事により、インナーチャイルドが傷ついてしまうと、後の人生にも悪影響を与えると言われています。

 

たとえば、親にいつも怒られていた子供は、いい子を演じて親の期待に答えようとします。
また、友達にいじめられた経験がある子供は、嫌われないために自分の意見を出さないようになるでしょう。

 

本来であれば、親に思いっきり甘えたり、意見を自由に言えるのがあたり前ですが、それができずにいるとインナーチャイルドが傷つき、大人になってからも自分を抑えて生きてしまうのです。

 

「なんで自分は…」
「どうせ自分なんて…」
「〇〇でないといけない!」

 

など、自分に自信が持てなかったり、無理をして自分を追い込んでしまうことはありませんか?
これは、子供時代に経験したショックな出来事が、心の中に深く根付いてしまっているのが原因です。

 

このような状態では、頑張っても上手くいかなかったり、人間関係でいつもトラブルが起きるなど、「人生=辛い」になってしまうかもしれません。

辛い思いを解消するためにも、自分のインナーチャイルドと向き合い、少しずつ傷を癒してあげることが大切です。

 

インナーチャイルドの癒し方

 

 

 

インナーチャイルドを癒す方法には、セラピーやカウンセリングなどさまざまなものがありますが、自分自身で癒す方法をご紹介します。

 

まずは、自分の中にいるインナーチャイルドを見つける必要があるため、ノートなどに幼少期の出来事を書き出してみましょう。

 

たとえば、

 

「親に〇〇の事で怒られて悲しかった」

「友達ができず孤独で寂しかった」

 

など、出来事に対してどんな感情になったのかも書いてみてください。

書き出すことで共通のパターンが見え、インナーチャイルドが傷ついた原因を探れます。

 

一通り書き出したら、自分が傷ついた出来事にしっかりと向き合い、悲しい気持ちや怒りの気持ちなども全てノートに書きましょう。

思い出すのは辛いかもしれませんが、曖昧にせず過去の出来事に向き合うことで、負の感情が整理され、少しずつインナーチャイルドは癒されていきます。

 

この方法は自分で手軽にできますが、改善が見られるかどうかは個人差があります。
また、辛い過去の出来事を思い出すのは、精神的にも負担が大きいでしょう。

 

「現状を早く変えたい」と焦るかもしれませんが、大切なのは無理せず少しずつ進めることです。
後ほどご紹介するボトルなどを活用しながら、リラックスした状態で進めてみてくださいね。

 

 

インナーチャイルドを癒すボトル

 

 

 

傷ついたインナーチャイルドを癒すのは簡単なことではありません。
だからこそ、ボトルのパワーも借りてリラックスした状態で向き合うことをおすすめします。

 

「インナーチャイルドメッセージ」は、香りによる癒しやカラーセラピーによる癒し、レイキヒーリングの癒やしのエネルギーが封入されているボトルです。

ボトルごとにさまざまなメッセージが込められているので、気になる内容や色合いなどから選んでみてください。

 

≫インナーチャイルドメッセージ詳細はこちら

 

澤崎 麻里

澤崎 麻里

Webライターとして、暮らしに関する記事を中心に執筆しています。 「忙しく過ぎてゆく日常に、癒しを取り入れたい」そんな方に向けて アロマテラピーやカラーセラピーなど様々な情報をご紹介していきます。