【バレンタイン】思いが伝わるラッピングの色は?魅力UPのボトルも!

 

2月14日はバレンタインデーですね。

日本ではバレンタインに女性から男性へチョコレートを贈る習慣がありますが、実はこれは日本だけの習慣なんです。
欧米では男女関係なく好きな人や大切な家族にお花、カード、お菓子などを贈りあう習慣があり、「愛の日」として定められています。

 

素敵な「愛の日」に自分の思いを伝えるために、今回はラッピングの色と自分自身の魅力をさらにアップできるボトルをご紹介します。
好きな人・お友達・家族など、相手に合わせてラッピングの色を選んで、自分の思いを伝える温かい日にしてみてください。

 

バレンタインのラッピングは何色がいい?

 

 

バレンタインのラッピングといえば、赤やピンクを思い浮かべる方が多いと思いますが、色は意味やパワーがそれぞれ違うため、渡す相手に合わせてラッピングの色を変えるのがおすすめです。

 

 

・「赤」のラッピングは本命の方へ
赤は色の中でも最も刺激が強く、情熱や興奮、パワフルといったイメージをもつ色です。
恋愛においては深い愛を示す色なので、相手の方に自分の「好き」という思いを積極的に伝えられます。
また、自信や勇気を与えてくれる色でもあるので、思いを伝える際の緊張をパワーに変えてくれるでしょう。
これから関係を築いていきたい相手に思いを伝える際は、赤のラッピングを選ぶのがおすすめです。

 

・「ピンク」のラッピングは恋人へ
ピンクは愛情や優しさ、安心感といったイメージをもつ色です。
幸せな気分を与えたり、女性らしさをアピールできる色でもあるので、お付き合いしている恋人へはピンクのラッピングで思いを伝えましょう。
赤よりも柔らかい印象で、普段は照れくさくて言いづらい思いも素直に伝えられます。

 

・「青」のラッピングはお世話になっている方へ
青は誠実さや信頼といったイメージをもつ色です。
身体のバランスを整えるヒーリングカラーとして最も愛されており、好き嫌いの好みが分かれづらい色でもあります。
会社の上司や同僚の方には、青のラッピングで日ごろお世話になっている感謝の思いを伝えるのがおすすめです。

 

・「黄色」「オレンジ」は仲の良いお友達へ
黄色やオレンジは太陽の色でもあり、陽気さや希望、明るさといったイメージをもつ色です。
ポジティブな印象を与えたり、親しみやすさを感じさせられる色なので、仲の良いお友達には黄色やオレンジのラッピングを選ぶと良いでしょう。
社交性を高める色でもあるので、大勢との友チョコにもぴったりです。

 

・「緑」のラッピングは大切な家族へ
緑は穏やかさや安らぎ、調和といったイメージをもつ色です。
リラックス効果が高く、バランスを整えて健康に導いてくれる色なので、大切な家族には緑のラッピングで感謝の思いを伝えましょう。

 

バレンタインに向けて魅力UP|おすすめのボトル

 

本命の方や恋人に思いを伝える際、自分自身をより魅力的にみせるためにボトルのパワーを借りるのもおすすめです。
魅力UPのパワーをもつ3つのボトルをご紹介します。

 

金星《コルテPHIエッセンス》15ml

女性の本質を高め、内なる美とハーモニーを外へと輝き出させてくれるエッセンスです。

 

 

 

ラダー(Radha)(女神のエッセンス)《パシフィックエッセンス》25ml

女子力を高め、無条件の愛、豊かな官能を与えてくれるフラワーエッセンスです。

 

 

 

ロマンチックライフ(夢のある人生)《アンシェントメモリーオイル》15ml

ロマンチックで、至福と喜びに満ちた人生へと導いてくれるオイルです。

 

 

 

日ごろの思いを伝える素敵な「バレンタインデー」。
好きな人がいてもいなくても、自分の素直な思いをラッピングの色とともに伝えてみませんか?

 

澤崎 麻里

澤崎 麻里

Webライターとして、暮らしに関する記事を中心に執筆しています。 「忙しく過ぎてゆく日常に、癒しを取り入れたい」そんな方に向けて アロマテラピーやカラーセラピーなど様々な情報をご紹介していきます。