レスキューレメディとは?犬や猫などペットにも!使い方やみんなの口コミ評判まとめ

今回は、フラワーレメディの一つ「レスキューレメディ」に注目してみましょう。

 

「レスキューレメディって何なの?」
「どういう効果があるの?」
「レスキューレメディの成分は?」
「犬や猫、ペットに使っても大丈夫?」

 

など、気になるポイントを解説していきましょう。

 

レスキューレメディ

 

 

レスキューレメディとは?フラワーレメディの一つ

 

まずは、レスキューレメディとは何なのか、カンタンに見ていきましょう。

 

レスキューレメディとは、「フラワーレメディ」の仲間のひとつです。フラワーレメディは、植物のエネルギーを使った癒しのエッセンス。いろいろな種類があるのですが、その中のひとつに、「レスキューレメディ」と呼ばれるものもあるんですね。

 

フラワーレメディ

⇒フラワーレメディについて、詳しくはこちらで解説していきます。
「フラワーレメディとは?効果や種類の選び方を解説」

 

フラワーレメディは、医薬品ではありません。なので、薬のように劇的な効果が出たり、すぐに何か実感できるものではありません。

フラワーレメディは、あなたの心にそっと寄り添って働きかける、穏やかなもの。

「気分が落ち込む」「どうしてもネガティブになってしまう」「誰かや自分を責めてしまう」「プレッシャーがしんどい」といった時など、ネガティブな心を優しく癒してくれるものです。

 

そんなフラワーレメディの中に、「レスキューレメディ」という種類もあるんですね。

 

レスキューレメディの効果

では、レスキューレメディとは、一体どんな効果を持っているのでしょうか。

レスキューレメディは、「レスキュー」という言葉の通り、心の緊急事態に対処するフラワーレメディです。

 

・緊急事態

・パニック状態

・ストレスを感じる時

・事故や病気によるショック

・強い緊張

 

こうしたショッキングな状態で、心のバランスが乱れてしまう時に役立つ、緊急用のフラワーレメディ。それがレスキューレメディです。

 

レスキューレメディの成分

では次に、レスキューレメディの成分について見ていきましょう。

 

ほとんどのフラワーレメディは、「オリーブ」「チコリー」「ロックローズ」といった風に、植物の名前が付けられています。ですがレスキューレメディは、そうした草花の名前ではなく、「レスキューレメディ」という名前になっていますよね。一体どんな植物のエネルギーが使われているのでしょうか。

 

レスキューレメディは、次の5つの植物を組み合わせて作られています。

 

・インパチエンス

・クレマチス

・チェリープラム

・ロックローズ

・スターオブベツレヘム

 

ひとつひとつの植物にもフラワーレメディとしての効果がありますが、それを組み合わせて、心の緊急事態を癒せるよう、特別に調合されているんですね。

レスキューレメディ

 

 

バッチ博士自身が開発したコンビネーションエッセンス

レスキューレメディの配合は、フラワーレメディの開発者である、イギリスの医師・細菌学者エドワード・バッチ博士Dr.Edward.Bach)自身が開発した、コンビネーションエッセンスです。

 

レスキューレメディ

 

「世界でもっとも使われているフラワーレメディ」とも言われており、人気の高さも伺えますね。

 

レスキューレメディの特徴

レスキューレメディには、他のフラワーレメディとは少し違った、いろいろな特徴があります。

 

短時間で実感

フラワーレメディは基本的に、穏やかに時間を掛けて心に働きかけるもの。ですがレスキューレメディは、心の緊急事態に対処できるよう、比較的早く効果を実感できるように作られています。

心の乱れを整え、バランスを取れるように

レスキューレメディは、心の乱れを整えてバランスを保ち、落ち着きを取り戻す特徴がありあります。強いプレッシャーやショッキングな出来事に直面しても、スっと心を平常に保てるよう、パワーを与えてくれるフラワーレメディです。

レスキューレメディの使い方と活用場面

レスキューレメディが役立つ場面を、いくつか具体的に見てみましょう。
どんな時に、どういう使い方ができるのか、ご紹介していきます。

 

 

家族が事故にあった…!ショックで動揺してしまった時に

たとえば、「大切な家族が急に事故に遭ってしまった」といった場合です。
いきなり警察から電話が来て、「お子さんが交通事故に…」なんて言われたら、ショックで平常心を保てませんよね。

こんな時に、手元にレスキューレメディの備えがあれば、2~3滴をちょっと口に垂らして飲み込みます。心のバランスを保ち、しっかりと足を踏みしめて、落ち着きを取り戻せるでしょう。

外出中、急にパニックになってしまった…!そんな時に

デリケートな心をお持ちの方など、急にパニック状態に陥ってしまうこともありますよね。たとえば外出中、電車やバスの中で、ショッピングやレジャーの途中など、いきなりパニックに襲われてしまったら大変です。

そんな時に、ハンドバッグにレスキューレメディの備えがあれば、心を落ち着かせやすくなります。その場で飲むのが難しくても、ハンカチなどにそっと垂らして、顔や身体に当てるだけでも、心のバランスの助けになります。

大切な試験や公演、プレゼン発表などの前に

レスキューレメディは、緊張を和らげる助けにもなります。

たとえば、ピアノの発表会で出番の前に緊張している娘さん。「今日は大切なプレゼンがあるんだ」という旦那さん。試験前日で張り詰めている息子さん。

こうした時に、レスキューレメディをそっと垂らした飲み物を渡してあげるだけで、緊張をほぐし、試練を乗り越えるキッカケになるでしょう。

愛犬、愛猫、ペットの心のケアにも

フラワーレメディは、ペットのケアにもお使い頂けます。レスキューレメディも、愛犬や愛猫、大切なペットの心のバランスのためにも活用できます。

たとえば、散歩中に苦手な人と会ってしまい、興奮してしまった時。病院に連れて行く車の中で、緊張して肉球に汗をかいている時。何に怯えているのかわからなくても、耳を伏せて姿勢を低くし、唸り声をあげている時。

こうした時に、レスキューレメディをそっと鼻先に付けてあげることも、使い方のひとつです。

 

効果はあった?レスキューレメディの口コミと評判

 

レスキューレメディを実際に使ってみた人は、どんな実感を持っているんでしょうか?
参考になる口コミを、いくつかご紹介したいと思います。

レスキューレメディを自分で使った人の口コミ

まずは、レスキューレメディを自分で使っている人の口コミを見てみましょう。

レスキューレメディ

「花いっぱいのハーブティー&レスキューレメディ」で、気持ちもリラックスできているようですね。

 

 

レスキューレメディ

長距離フライトやドライブ、バス旅行など、乗り物が苦手だという方。何十年もいろいろな方法を試して、たどり着いたのがレスキューレメディだったそうです。

 

レスキューレメディ

こちらの方は、パニック発作のお助けアイテムとして、レスキューレメディのほかに、複数のフラワーレメディを組み合わせているようですね。

 

このように、フラワーレメディは複数の種類を混ぜて使うことも可能です。

 

 

レスキューレメディを愛犬・愛猫に使った人の口コミ

レスキューレメディをペットに使っても大丈夫なのか、気になりますよね。
愛犬や愛猫など、ペットに使っている人の口コミも見てみましょう。

 

レスキューレメディ

こちらのワンちゃんは、ご高齢でお体が優れない様子ですね。レスキューレメディで落ち着いて、なんとか眠れているようです。ペットも高齢になると、どうしても体もメンタルも不調になってくるもの。レスキューレメディがしっかりと支えになっているようです。

 

レスキューレメディ

こちらのネコちゃんは、夜中に不安になって鳴き声をあげてしまうことがあるようです。そんな時、飼い主さんがレスキューレメディを与えてあげると落ち着くそうです。ネコちゃんにもレスキューレメディがしっかりと働き掛けている様子ですね。

 

まとめ:人にもペットにも!心の緊急事態に役立つレスキューレメディ

 

レスキューレメディは、人にもペットにも、心の緊急事態の支えとして役立つアイテムです。

何かショックを受けてしまった時、不安な時、緊張をほぐしたい時…。さっと取り出してすぐ使えるよう、いつでも身近なところに置いておきたいですね。

レスキューレメディの小瓶を持ち歩くだけでなく、たとえばハンカチにそっと染み込ませておくなど、持ち歩き方もいろいろあります。

すぐ緊張してしまう人や、パニックになりやすい人、なかなか落ち着けないペットと一緒に暮らしている人など、レスキューレメディをぜひ活用してみて下さいね!

 

 

フラワーレメディ

フラワーレメディ

バッチフラワーレメディ(フラワーエッセンス)の専門店。オルゴナイト、アンシェントメモリーオイルなどヒーリング商品も扱っています。4000点以上の商品ラインナップ、コラム記事や特集、今のあなたに見合った商品選びのための無料性格診断など豊富なメニューを取り揃えています。