今日はデート♡ 「勝負下着」どんな色を選ぶべき?

大切なデートの日、素敵な夜にしたいと思ったら、洋服のコーディネートにも自然と力が入るものですよね。流行の服や自分に似合う色で身を固めたら、気になるのはやはり香りやメイク。そして、夜にお泊まりの予定があるのなら、勝負下着というところでしょうか。

 

とはいえ、どのような下着がよいか迷ってしまいますよね。勝負下着と一口に言っても、色やデザインなど様々で、どれが本当によいのか分からないという人も多いかと思います。そこで今回は、勝負下着におすすめの色をご紹介します。

 

 

大切な日の勝負下着にはこの色を

大切な人と過ごす中で、特に今日は頑張りたいというような日があるかと思います。そういう時に使うとよい色は何でしょう。
もしあなたとその人が既に親密な関係であるのなら、相手の方の好みの色を身にまとうとよいでしょう。または、今まで着ていて「これいいね」と言われた下着でも構いません。でも、相手の方とまだそれほど親密ではなく、今回が勝負の時!というのであれば、おすすめしたいのはやはりラッキーカラー。数秘術や星座から割り出したラッキーカラーを身につけるのがよいでしょう。

 

ちなみに、相手の方とまだそれほど親しくない段階で「いかにも」な勝負下着を着けるのはNG。慣れているように見られてしまうので、あまり頑張りすぎない下着がおすすめです。

 

勝負下着に使うためのラッキーカラー チェック法

勝負下着にラッキーカラーを取り入れるためには、自分のラッキーカラーをチェックしておく必要がありますよね。
数秘術によるラッキーカラーについては、以前「数秘と色の組み合わせ あなたのラッキーカラーをみつけよう(前編)」「数秘と色の組み合わせ あなたのラッキーカラーをみつけよう(後編)」に書きました。
そこで今回は、星座ごとのラッキーカラーを紹介しましょう。

 

牡羊座 ・・・ 赤、白
牡牛座 ・・・ 緑、ピンク、空色、クリーム色
双子座 ・・・ 黄、黒
蟹座 ・・・ 白、グレー、緑
獅子座 ・・・ オレンジ、金、赤、緑
乙女座 ・・・ ネイビーブルー、ダークグレー、茶、緑、黒
天秤座 ・・・ 空色、ピンク、黒、真紅、琥珀、レモンイエロー
蠍座 ・・・ 深紅、濃褐色、黒、茶
射手座 ・・・ 紫、濃紺、黄、緑
山羊座 ・・・ 深緑、焦げ茶、グレー、黒、赤褐色、インディゴブルー
水瓶座 ・・・ 空色、青色、ターコイズブルー
魚座 ・・・ 青緑、純白、藤色、紫、すみれ色、銀

 

あなたのラッキーカラーは何色でしたか?
ラッキーカラーの中には下着に取り入れやすい色とそうでない色があると思います。そんな時はワンポイントでもいいのでラッキーカラーに近い色が入っているものを選んでみてください。きっと素敵な夜のお供になりますよ。

 

ラッキーカラー以外でおすすめの勝負下着の選び方

ラッキーカラーに頼らずに、もっと自分を美しく見せる色を選びたい、相手を虜にする色を選びたいという方もいらっしゃるかと思います。そういう方におすすめなのは、自分の肌に合う色の下着です。選び方はとても簡単で、着用した時に顔がパッと華やぐ色の下着を選びます。そうすると、服を脱いだ時にあなたの顔や身体が印象づけられ、相手の人の心にグッと刺さることでしょう。

 

自分に似合う下着を買う時には、何気なく手に取るのではなく、今まで買わなかった色やデザインのものでも手に取って、肌に当てて顔映りを見るようにしましょう。そうすることで、あなたをもっと魅力的に見せる下着に出会えるかもしれません。

 

下着以外にも大切な日には色と香りの力で濃密な時間を!

勝負下着にこだわることも大切ですが、濃密な時間を過ごすためには視覚の他に嗅覚からも相手の気持ちを引き寄せたいものです。より素敵な時間を過ごすためには、こちらのアイテムがおすすめです。

 

オレンジ(エロス&セクシャリティ)《アラレタマ・アクアイグネア》30ml

情熱をもたらし官能性を高めます。肉体や精神の疲労を防ぎバランスのとれた方法で抑圧状態を解き放ちます。そして、喜びと官能性によって、永遠の若さを実現します。 エンボ・ルーダのエッセンスが官能性を高めます。カジュのエッセンスが情熱をもって取り組めるようになります。創造的なサイクルが始まります。 ティニAのエッセンスがリラックスして心を開くよう手助けし、柔軟性を高めます。一人静かにいることができる精神的な自立を促します。 3種類のフラワーエッセンスとココナッツヤシの木オイルとジェル、そしてオレンジ、アミリスのアロマのブレンドオイルです。

 

 

 

 

 

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。