トリートメントボトルの作り方

フラワーエッセンスを数種類まとめて飲んだり、また長期間摂る場合には、トリートメントボトルを作ると便利です。また経済的でもあります。

アンケートによると「トリートメントボトルを作って飲む」という方が6%と、意外と少なく、スプレーボトル(20ml)を利用して作るトリートメントボトルの作り方をご紹介します。

スプレーボトル
スプレーボトル(20ml)

お口にスプレーするタイプなので、お口のエチケットをしているかのように見えて、周りの目が気になりません。場所を選ばずに利用できるので外出先でも便利です。

<トリートメントボトルの作り方>

1.トリートメントボトルに、ミネラルウォーですター(ボルビックなどがお薦めです)を瓶の肩口まで入れます。

2.ブレンドしたいエッセンスを各エッセンスのボトルから各2滴(レスキューレメディの場合は4滴)ずつ入れます。

※衛生面を考え、トリートメントボトルをお使いになる場合は、必ず蓋を外し、ボトル部分の煮沸消毒をしましょう。

<ブレンドすることができるエッセンス数>

エッセンスは7種類まで入れることができます。
レスキューレメディは、緊急時に使うエッセンスとして、エドワード・バッチ博士が38種類のバッチフラワーレメディの中から5種類のレメディをブレンドして作ったもので、39番目のエッセンスとも言われており、数え方は1種類と考えます。従って、トリートメントボトルにレスキューレメディを入れても、エッセンスはあと5~6種類まで入れることが出来ます。

※希釈したトリートメントボトルは、冷蔵庫に保存して、早めに使い切ってください。

フラワーレメディ

フラワーレメディ

バッチフラワーレメディ(フラワーエッセンス)の専門店。オルゴナイト、アンシェントメモリーオイルなどヒーリング商品も扱っています。4000点以上の商品ラインナップ、コラム記事や特集、今のあなたに見合った商品選びのための無料性格診断など豊富なメニューを取り揃えています。