【介護】私ばかり親の面倒を見てる やるせない時におすすめのフラワーエッセンス

親の介護は社会問題。

介護が最優先になって自分の時間を取らず、なぜか犠牲になってしまっている人へ。

気持ちが楽になるフラワーエッセンスをご紹介します。

 

 

 

頑張っているあなたへ
我慢には限界があります。
限界を超えてしまったときに大変なことになる前に
日頃からフラワーエッセンスでご自身を癒やしていきましょう。

私ばかり…..と自分の境遇を不満に思う気持ちが強い場合、ウィロー(ポジティブ)を飲みましょう。
自分の人生を受け止めること、この状況における最善を見出す手助けとなります。

 

介護を仕事や子育てと両立されている方も多いと思います。
時間に追われ、毎日があっという間に過ぎていき、ご自身が休む時間が取れないことも。
体力的に辛いときは、オリーブ(元気・活力)がおすすめです。
気から元気になっていくフラワーエッセンス。
リラックスタイムを作って飲んでみませんか?

 

 

毎日の介護に疲れ果て、気持ちがついていかないとき、
あらためてセルラーメモリー(細胞の記憶)のフラワーエッセンスで介護に向かっての貢献の思いを高めましょう。
時間的な拘束やお金も関わってくるので気持ちだけではどうにもなりませんが、
本当は持っている優しい気持ちを思い出させてくれるはずです。

 

セルラーメモリー(細胞の記憶)

周りの人たちや自然など命ある全ての存在に貢献できるよう知性を養い、高めることを促すエッセンスです。

 

 

介護に携わるお仕事をされている方にもおすすめです。
フラワーエッセンスでご自身を癒やしていきましょう。

 

 

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。