【健康】花粉症のシーズン 集中力が上がらないときはこのエッセンスを

花粉症の季節がやってきました。

鼻はムズムズ、くしゃみは止まらない…薬を飲むと眠くなる。
そんなこんなで仕事や家事に集中できない。そんな時におすすめのフラワーエッセンスをご紹介します。

 

 

 

花粉症の症状は、お薬で鼻の通りをよくしたり、お部屋の空気などには、ティートリーなどのアロマの活用。そしてメンタル面からはフラワーエッセンスでケアしていきましょう。
 
クラブアップル(清浄)は花粉を来にしすぎて気持ちがダウンしてしまっているときおすすめです。
潔癖になりすぎている、もともと几帳面だから徹底して花粉を遠ざける術に追われて生活してしまっている場合、心を浄化して健全な清潔感を取り戻すのに役立ちます。

 

花粉症がひどくなると、風邪に似た症状になり
仕事や勉強など集中力がなくなって辛いですよね。
ISONOGIKUフラワーエッセンススプレー~磯の雫~は、ヒノキ、マジョラム、マートルのエッセンシャルオイルの香りも楽しめるスプレータイプのフラワーエッセンス。花粉症のムズムズ感をヒノキの精油がさっぱりとさせてくれますのでご自身の周りやお部屋にスプレーしましょう。
 

ISONOGIKUフラワーエッセンススプレー~磯の雫~

穏やかさと落ち着きを取り戻し、地に足をつけグラウンディングができるように導く。

 

花粉症で鼻の下が荒れてしまったり、肌もかゆくなるといった方にはフラワーエッセンス入りのクリームがおすすめです。
花粉症のストレスも同時にケアしてくれます。ネロリ、カモミール、ラベンダー、ベルガモットなどのアロマも嬉しいですね。
 

エマージェンシー

精神的苦痛や悲しみ、ストレス、プレッシャーでいっぱいの、今すぐケアが必要な肌に

 

フラワーエッセンスは病気や身体の不調、エネルギーなどそのものを治してくれるものではありません。
ただ、気持ちの面でネガティブからポジティブへとメンタルを変化させてくれるので花粉症に対する思いが変わり、ご自身に合った対処法と気持ちの持ち方が変わってきます。
 
 
今年は花粉が多い地域も多く、4月上旬まで続くとのこと。
ぜひフラワーエッセンスでもケアして下さい。

 

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。