第1チャクラ ムーラダーラ

前回、チャクラのバランシングについて説明しました。
その際にも、脊髄に沿うように存在する7つのチャクラに関しては、簡単ながらご紹介させていただきましたが、
「もっとひとつひとつについて詳しく知りたい!」
という方もいらっしゃることと思います。

そこで、今回より、7つのチャクラを順番に、個別に取り上げていくことにしました!
記念すべき第1回目は、第1チャクラです!

ムーラダーラ、ベースチャクラ、ルートチャクラという名称もある、第1チャクラ。
ベース(底)やルート(根)という言葉のとおり、7つのチャクラの中では最も下、性器と肛門の間の会陰(えいん)と呼ばれる場所に位置します。

その性質を一言で言えば、「地に足の着いた感覚」です。
私たちの生活に最も近く、人間としての社会のつながりと関係するほか、自衛本能や三大欲求など、原始的な部分との関わりが強いチャクラでもあります。
バランスが取れていると、安心感が得られ、生命力や行動力にも満ちた状態になりますが、
乱れてしまうと、特に理由も無いはずなのに漠然とした不安や不信に駆られたり、無気力になったり、あるいは何かに執着しすぎたりしてしまう状態に。
また、身体的な原因に心当たりがないにもかかわらず、脚部や骨盤、生殖器などの不調が現れる可能性もあります。

もし、第1チャクラが乱れていると感じたら、「地に足を着けている感覚」を意識してみてください。
土を触ってみたり、土の上に裸足で乗ってみたりするのもひとつの方法です。
また、赤い下着を身に着けるのも効果的とされています。

それでも乱れている感覚があるようでしたら、セラピーアイテムの力を借りるといいでしょう。
第1チャクラに対応したフラワーエッセンス、オイル、アロマスプレーをそれぞれご紹介しますので、
お好きなもの、気になるものがありましたら、お手に取ってみてくださいね!

◎フラワーエッセンス
「ヒマラヤン・フラワーエンハンサーズ」のダウントゥアース(チャクラ:ルート)

◎アロマオイル
「インナーチャイルドメッセージオイル」のムーラダーラ(第1チャクラ)(根を支える)

◎アロマスプレー
「カレル・ハーデック」のムーラダーラ(第1チャクラ)ブレンドオイル

第1チャクラは、他のチャクラの土台となる部分です。
もちろん、どのチャクラも重要なのですが、土台が弱ければ、たとえ他のチャクラのバランスが取れていても、あまり安定はしていないと言えます。
スピリチュアルを追求することも大切ですが、「日々をしっかり生きること」「地に足を着けること」を忘れないようにしましょう!

地宮みさと(ちのみや みさと)

地宮みさと(ちのみや みさと)

自身の経験から「地に足のついた、日常に活かせるスピリチュアル」に関心を抱き、フリーライターと「自己ハンドリング型スピ アドバイザー」、2つの顔を持って活動中。チャネリングによるメッセージ伝達サービスを提供するなど、今も活動の場を広げている。