ペットに多い腎臓病の怖さと予防のために出来ること

おはようございます、HALです。

今日は、ペットの腎臓病のお話しをしたいと思います。

というのも、腎臓病は、犬猫のみならず、うさぎやフェレット、インコなどの鳥等
ペットとして飼われるあらゆる動物が、かかることが多い病気で、しかも、
シニアになるほどにその確率が増す、他人事ではない病気でもあるからです。

腎臓は、老廃物や毒素が含まれた体液を尿として体の外に排泄したり、
血液中のミネラルバランスを保ったり、ホルモンを生産する役目もしているのですが、
その腎臓の機能が弱くなると腎臓病と診断され、75%以上失われると慢性腎不全、
10%以下になるとその末期と診断されてしまいます。

慢性の他にも急性があり、これは、他の疾患が原因で併発という形で発症します。

その場合、すぐに処置をしないと生死に関わるのですが、
適切な治療を行うことで、回復する例も多くあります。

けれど、慢性の場合は、進行していくと腎臓の機能が失われて慢性腎不全に
移行し、一度失われた腎臓の機能が回復することはないのです。

そこが、腎臓病の怖いところです。

けれど、末期と診断された場合でも適切な治療を続けることで、
数ヶ月~数年とQOL(生活の質)を保ちながら生活できる例もあります。

初期の段階で、それが発見出来れば、もっと長い間を
愛するペットと過ごすことも可能なのです。

腎臓病の厄介なところは、自覚症状がないままに進行していくことです。
それに加えて、ペットは自覚症状が出てからも苦痛を隠す習性があるため、
発見が遅れることが多々あるのです。

しかし、健康診断等で血液検査をすれば腎臓病は、簡単に判断できます。
血液検査で、bun(尿素窒素)とクレアチニンの値を調べれば分かるからです。

統計によれば、健康診断を積極的に受けているペットは、
まだまだ少ないと言えます。

けれど、少しでも長く健康でいてほしいのであれば、見た目は健康に見えても、
健康診断を年に1度、シニアは2度程度することは必要ではないでしょうか。

また、腎臓の健康のためにも、シニア期に入ってきたら
コモンジェニパー」を使用して、腎臓の健康を保つこともぜひ、行って欲しいことです。

コモンジェニパー(腎臓・肝臓用)(ペット用)《ジェモセラピー》60ml

本来、腎臓や肝臓は、体の中の不要物や毒素を分解して、体から有害物質を排除する働きをする臓器です。この大切な働きを維持するために、コモンジュニパー(西洋ネズ)は、臓器の細胞ひとつひとつに働いて、毒素や新陳代謝によってできる老廃物を排出して、腎臓と肝臓の健康を維持します。また、コモンジュニパーには、肝臓の炎症を防ぐ効果や、腎臓に対しては利尿の効果があることが認められています。

実は、16歳になる家の猫が慢性腎不全で今、闘病しています。
健康診断で発覚し、それからは療養食と薬の生活に入りました。

現在は、末期に入り、脱水になることを防ぐための皮下点滴(輸液)と
療養食の対症療法(症状を軽減・進行を遅らせるための治療)に移行しています。

こうなると、最期を覚悟しなければならなくなるのですが、
現在のところ、日常生活には支障がない暮らしが出来ているのは、
適切な処置とエッセンスのおかげだと思っています。

※「コモンジェニパー」には、利尿作用もあるため、腎不全と判断された場合には獣医師に相談の上ご使用ください。

最期を覚悟する時期に入ったときに、人とペットの支えになってくれるエッセンスもあります。
トランジッション(終末のケア)」です。

ペットにはもちろん、飼い主さん家族も一緒に飲むことで、
不安な気持ちを一掃できます。

病気は辛いことですが、エッセンスを活用することで、
少しでも長い間、ペットも家族も穏やかな気持ちで過ごしたいものですね。

現在、闘病中のペットのご家族の皆様も、一緒に頑張っていきましょう!

それでは次回は3月6日、第1火曜日にまたお会いしましょう。
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。