チャクラと色の関係を知って生活に生かす方法

季節の変わり目になると、体調を崩したり、心のバランスが乱れたりする人が多くなりがちです。最近は寒暖差アレルギーの人も増えてきました。現代人は環境の変化に適応する力が少し弱くなっているのでしょうか。

 

現代は色々なものが複雑で難しい環境となりがちな時代。
その環境の変化を乗り切るためにおすすめしたいのは、身体から発される「色のメッセージ」に目を向けることです。

 

身体が伝える色のメッセージって何?
と思うかもしれませんね。

 

身体が伝える色のメッセージ、それはチャクラによるメッセージです。
チャクラというのは古代インドから伝わる思想で、身体の要所にあるエネルギーセンターを指します。このエネルギーセンターは、身体だけでなく人の心や思想、行動などにも影響し、私たちの感情や性格を司る要素の1つともなっています。ヨガやヒーリングの世界では、特に注目される部分です。

 

 

チャクラ思想にはいろいろな流派があり、多くの流派は「チャクラは無数にある」と伝えています。ですが、その中でも大切なのは次の7つ。
私たちの心と体の機能に対応した7つのエネルギーポイントです。

 

第1チャクラ(赤) 肛門と性器の間、会陰あたりにあるチャクラ ≫ 生命力、粘り強さ、地に足をつけて生きる(グラウンディングする)ことを司る
第2チャクラ(橙) へそ下3cmほどの場所にある丹田や仙骨のあたりにあるチャクラ ≫ 感受性、創造性、生への悦び、自立心、信頼、情緒のバランスを司る
第3チャクラ(黄) みぞおちのあたりにあるチャクラ ≫ 個人の意思、尊厳、個性、自我、自信を司る
第4チャクラ(緑) 胸の中央にあるチャクラ ≫ 感情、恐れ、愛の受容、許容、希望を司る
第5チャクラ(青) のど、首の付け根中央あたりにあるチャクラ ≫ コミュニケーションや自己表現、自由な感性を司る
第6チャクラ(紺) 額の中央、第3の目があるとされる場所にあるチャクラ ≫ 知恵、直感を司る
第7チャクラ(紫) 頭頂にあるチャクラ ≫ 霊性、奉仕、無償の愛を司る

 

この7つのチャクラが活性化していると、それぞれに対応した事象が私たちの中で具象化しやすくなります。ですが、不活性または停滞してしまうとその部分にストレスがかかり、体調不良を含めそのチャクラに対応する問題が噴き出してしまいます。つまり、チャクラは私たちにダイレクトに影響するものなんですね。

 

そのチャクラを活性化するには?
実はチャクラの活性化は、根気よく行えば私たち自身がセルフで行うことができると言われています。例えば、チャクラを意識して過ごしたり、ストレッチで活性化させたり、またはヒーリングで癒やしたりすることで、チャクラのエネルギーを活性化することができます。

 

一例をあげると・・・第3チャクラを活性化させたいと思ったら、みぞおち~胃のあたりをマッサージしたり、腹巻きを巻いて保護したり、腹筋を鍛えたりするという方法があります。第1チャクラなら、足からお尻にかけてを重点的にマッサージかストレッチ、第2チャクラなら腸に効く運動やマッサージがおすすめです。また、それぞれの部位を意識して過ごす、水晶やヒーリングアイテムでケアするという方法もあります。

 

ですが、そうやってチャクラにこだわった運動やマッサージ、ヒーリングに力を入れられる人ばかりではありませんよね。そういう人におすすめなのが、色を使って取り入れる方法です。
チャクラそれぞれに対応した色をアクセサリーや洋服、マッサージオイルに取り入れることで、色のパワーを使ってチャクラを癒やすことができます。(チャクラの活性化として考えるなら、身につけるものがおすすめです!)

 

パワーオブフラワーヒーリングエッセンスの
セブンチャクラフラワーエッセンス

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。