【子育て】もしかして冬季鬱?朝起きれない子供におすすめのフラワーエッセンス

寒さも本番のこの季節、朝はどうしても寒くて起きれないものですが、昨今「冬季鬱」という症状に悩む人もいます。
特に子供は気持ちの面を外へ出しづらいので、大人がそれをわからないことがあります。
そんな時に、メンタル面から支えるエッセンスをご紹介します。

 

 

 

「冬季鬱」は、性別や年齢に関係なく発症します。
日照時間が短いこの季節、脳のメラトニンという物質があまり分泌されなくなり、体のリズムが崩れます。
するとさまざまな鬱症状が出ます。

わかりづらいお子さんのメンタルを症状に合わせてフラワーエッセンスで対策していきましょう。
 
・なにもかも億劫で頭が働かず、体も動かない

ワイルドローズ(情熱)
 
 
・学校に行きたくなくなる

ホーンビーム(決意)
 
 
・とにかく食べてしまう(特に炭水化物)

チェリープラム(自制心)
 
 
光を必要とするのは、植物だけではありません。人間も光をある程度浴びないと、心身の健康に影響するんです。
そこで、日照時間が短い冬は早寝・早起きをして日中、光晴れを浴びる時間を作ることを意識しましょう。
 

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。