アロマ豆知識4 精油の抽出部位について

みなさん こんにちはAEAJ認定 アロマテラピーアドバイザの 花山 さくらです。

先週は、立冬を迎え、ついに冬がもうすぐそばまで来ていますね。

そんな寒い日でも、アロマの香りで、ホッとリラックス
なんて、素敵ですよね。
それでは、今回も、楽しくアロマの精油について学んでいきましょう。

さて、みなさんは、精油が、植物のどこから抽出されているかご存知でしょうか?

大きく分けると、精油は植物の各部位から抽出されており、
花、全草、種、実、根、木、枝、葉、樹脂というように、9部位に分かれます。

 

花から精油が抽出される代表的なものは、
カモミールやローズ、ジャスミン、イランイランなど、花が持つ特有の芳香を楽しむ品種が多くあります。
比較的華やかな香りを持ち、明るい気持ちにさせてくれます。

 

全草(植物の全部位)

全草とは、植物のすべての部位を用いて精油を抽出種類を言います。
代表的なものは、マージョラムやローズマリーが有名です。
草のような香りですが、あまり軽い物ではなく、どっしりとした印象を与える芳香です。

 

代表的なものは、フェンネルやキャロットシードなど、
種をつぶすことで、内部の成分から精油を抽出する植物が多くなっています。

 

実(果実・スパイス)

精油の抽出部位が実であるものの多くは、かんきつ類が多くなっています。
例えば、レモンやオレンジ、グレープフルーツ、ベルガモットなどがあります。

images

 

根から抽出される精油は、深い香りを持っています。
例えば、バレリアンやジンジャーのように、土の香りを感じさせる芳香が
あり、心を落ち着ける働きがあります。

 

木から抽出される精油は、森林浴を思わせるようなリラックス効果のある精油が多いです。
例えば、サンダルウッドは瞑想に最適と言われています。
また、ローズウッドも、優しい木々の香りで、心を癒す働きがあります。

 

枝から抽出する精油として代表的なものが、プチグレンです。
柑橘系でありながら、枝や葉を抽出部位としているので、比較的、重めでありつつもさっぱりとした香りを楽しむことができます。

 

葉から精油を抽出するものとして有名なのが、ティートゥリーやユーカリです。
葉のもつ独特のシャープな香りで、気持ちを覚醒させます。
落ち込んでいる気持ちを開放的にする効果や、集中力を高める効果も持ち合わせています。

 

樹脂

樹脂を抽出部位とする有名な精油は、フランキンセンスです。
乳白色の樹脂から水蒸気蒸留法を用いて抽出した精油は、
甘めでありつつも神秘的な芳香を有しています。
少し疲れたな、というときに、香ると、気持ちを落ち着けることができますよ。

 

一言に精油と言っても、このように、植物の様々な部位から抽出されています。
根に近づくほど、重めの香り、花に近づくほど、軽めの甘い香りになると
覚えておくと良いですよ。

是非、お気に入りの精油がどこから抽出されているのか、調べてみてくださいね。

アバター

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。