疲れてるな…と思った時は色とフラワーエッセンスの力を

心と体が疲労を感じているとき、あなたは何をしようとしますか?

    • 元気を出すためにアップテンポな音楽を聴く
    • ビタミンなどの栄養を取り入れようとする
    • それとも、ゆっくり寝ようとする
    • セラピーに頼る

 

4_115000000011

 

疲労を感じたときの対処は人それぞれだと思いますが、本来の正解は「休息をとる(ゆっくり寝る)」ということではないでしょうか。

 

というのも、疲れを感じているときは、心や体のエネルギーが枯渇している状態。そんなときに、無理に自分を鼓舞するような行動はNG。余計に疲れてしまいます。心のサインを無視して頑張りすぎると、本格的にエネルギーが切れて頑張れないという状態(うつ状態やプチうつ状態)になってしまうことも。

 

心や体に疲労を感じているときは、とにかく「休息」が必要です。
その過程で、アロマやセラピー、フラワーエッセンスなどのセラピーに頼るのもいいですね。取り入れやすいものとして、セルフセラピーの中でおすすめなのが、フラワーエッセンス「カラーコロナのカラーライトエリクシール」。色の力とフラワーエッセンスの力を融合させたパワフルなエッセンスです。

 

CODE0000000150

 

心や体に疲労を感じているときに私がおすすめしたい色は次の3色。疲れた心を癒し、心の中のコップを満たして前向きな気持ちを育む色です。

 

グリーン

癒しと休息の色、グリーンは心に疲労を感じているときにぜひとも身に着けたい色。心に余裕がない人やうつうつとしている人が無意識に選んでしまう色の第1位でもあります。私たちの心の深い部分に優しく浸透し、心にゆとりのスペースを作るといわれています。

 

グリーン(ラブ(愛)) 《フローラコロナ》15ml

グリーンは、まるで涼しい森の中で癒されるかのように、心と身体のバランスを整えます。あなたの心を開いて、愛と慈悲の心を思い出させてくれます。自分はそんなにいい人なんかじゃないとマイナスイメージで自分を捉えてしまっている時、心を落ち着かせ、まずはあなたの心に平和をもたらし、そして周りの人たちへ愛を与えられるように導いてくれます。

 

ブルー

心に疲労を感じているときって、何だか息苦しさを感じたりはしませんか?言いたいことや感情を押し殺しすぎて心や体に疲労を感じるのは、現代人の中でも非常に多いパターンです。喉のあたりに息苦しさを感じるとき、人と話すときに不安感にさいなまれるとき、そんなときはブルーやライトブルーを身に着けるのがおすすめです。ブルーは心に自由と平和をもたらす色。あなたが抱えている問題を穏やかに受け入れ、解消することを助けます。

 

ブルー(ブリーズ(呼吸)) 《フローラコロナ》15ml

ブルーは、心と身体を落ち着かせ、リラックスすることでゆっくりと深く呼吸することができるようになるエッセンスです。ストレスや悩みを抱えていると呼吸が浅くなりがちですので、ブルーのエッセンスを飲んで、深呼吸してみましょう。流れる水のように留まっているものを流してくれ、元の状態へと戻してくれ、明日への活力を与えてくれます。

 

パープル

心と体に疲労を感じているときには、パープルもおすすめです。ただし、パープルは使用に少し注意が必要な色。過敏になった神経を鎮めて心を穏やかにする作用がありますが、強く働きすぎると逆にうつ状態になることが。心や体に疲労を感じているときには、劇薬になってしまうことがあるので、色として使う場合は透明感のある明るいパープル、ライトパープルをおすすめします。また、フラワーエッセンスのように、色の深みに左右されないものもおすすめです。

 

バイオレット(ピース(平和)) 《フローラコロナ》15ml

バイオレットは、考えすぎてしまう思考や神経を落ち着かせ、平静にしてくれます。ベッドに入ってもずっと仕事のことや悩み事、心配事が頭から離れないような時に役立ちます。瞑想する際に平和へと導き、静かな空間を作り出してくれます。

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。