紫外線が強くなる季節。犬にも紫外線対策は必要?

おはようございます、HALです。
真夏日が続いている今日この頃ですが、紫外線対策は万全にされていますか?

紫外線対策というと、一般的には紫外線を浴びないようにすることだけを
言っているように思われがちですが、実はそうではありません。

紫外線には良い面もあって、日光を浴びることで身体の中にビタミンDを生成したり、
カルシウムの吸収を促したり、新陳代謝の促進、筋肉や神経の緊張をほぐしたりする
役目があります。

また、メンタル面でも重要で、日光を浴びることは、生き物が健全な心身で生きていく上での
リズムを整えてくれる役目も担っています。

なので、紫外線を完全にシャットアウトしてしまうことは、必ずしも身体に良い訳では
ないのです。

現代の科学では、日光(紫外線など)は、一日に15分程度浴びる程度が良いとされています。
(※健康体で、日光や紫外線に対してのアレルギーがない場合の概算です)

gahag-0089679235-1

一方で、マイナス面も多くあるのが紫外線。

浴びすぎると重篤な場合、皮膚がんに発展することがあります。
また、シミやシワの増加、目への影響(白内障など)、老化促進、DNAなどの細胞の損傷などを
誘発する要因にもなっているのです。

これらは紫外線を浴びることで、活性酸素が体内に生成されてしまうことが原因と言われています。

もちろん、こうした負の影響は人間だけでなく、動物たちも受けてしまっています。
特に毎日お散歩するワンちゃんなどは、影響を受けやすいので、対策が必要になります。

そこでオススメするのが、「ヒーリングアンドヘルスサポート」です。

ヒーリングアンドヘルスサポート(ヒーリングと健康のサポート)《パシフィックエッセンス》30ml

元気がない時や急性、および慢性の疾患、病気に伴う痛み、緊張、ストレスなどの助けになるスプレーです。高齢で元気のないペットや、具合が悪くなり、引きこもってしまっているペットにおすすめです。健康促進し、アロパシー医学(逆症療法)や代替療法と一緒に使うと治癒力を高めます。すべての経絡、特に心経、小腸経、腎経、膀胱経、肝経、督脈と任脈に対応します。

活性酸素が体内で大量に生成されてしまうことによる、体の不調や疾患などに対しても
効果のあるこのエッセンスは、メンタル面でも健康に導いてくれますので、
夏バテになりがちなペットにも有効です。

このエッセンスで、「健康的で快適な夏」を過ごすための環境を、
大切なペットたちにも与えてあげてくださいね。

それでは、次週もまた火曜日にお会いしましょう!
Have a great day!

HAL

HAL

動物とアロマをこよなく愛するフリーライター兼アクセサリー作家。家にはドーベルマンと雑種の猫がいる。花や自然を題材にした写真を撮るのが趣味。鉱石や貴石等にも興味があり、ジュエリーコーディネーターの資格を取得。鉱石の持つパワーとアロマに関連があることに気付き、現在研究中。