今更聞けない。ラベンダーのアロマオイルの効果とは?

みなさん、ご機嫌いかがですか?
AEAJ認定、アロマテラピーアドバイザの花山 さくらです。

 

みなさん、アロマテラピーというと、どのようなオイルを思いつきますか?

ローズマリー?ネロリ?グレープフルーツ?

……何か、忘れていませんか?

そう!アロマオイルの王様ともいえる、ラベンダーです!!

ラベンダーというと、万能なオイルということでも有名ですよね。

柔らかな紫色の花から抽出されるオイルには、その豊かな香りが詰まっています。

海外でアロマテラピーを活用されているご家庭では、何かトラブルがあれば、まずラベンダー。

というくらいに、定番のアロマオイルなんです。

 

とはいえ、実際にラベンダーにどのような効能があるのか、ご存知でしょうか。

今日は、詳しくその効能についてご紹介いたしますね。

 

まず、ご紹介するのが、肉体面での作用です。

ラベンダーには、鎮痛効果があります。

そのため、頭痛や筋肉痛、けがをした時などに、ラベンダーを用いることでその痛みを軽減できます。

 

また、ラベンダーの特徴として大きいのが、抗炎症作用です。

例えば、ニキビが出来てしまった時や、

軽いやけどをしてしまった時など、お肌にトラブルが起こりますよね。

そんな時にラベンダーのアロマオイルの原液を患部につけると、炎症が治まってくると言われています。

 

もちろん、心にも働きかけてくれるのが、ラベンダーの良い所。

溜まっているストレスを開放して、心を落ち着かせ、リラックス状態へと導いてくれます。

 

また、不眠症や寝不足の方は、寝室のルームスプレーとして利用することで、安眠効果も期待できます。

 

ラベンダーの優しい香りは、アロマオイルの初心者さんでも、

すぐに親しんでいただける香りです。

是非、ラベンダーをもっと身近に感じてみてくださいね。

アバター

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。