人ごみに入ると疲れてしまう人におすすめのセラピーアイテム

皆さん、こんにちは。すいらです。ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。
充実したお休みを過ごされている方が多いかと思いますが、
「人がいっぱいで、何もしなくても疲れる…」という方は、意外と多いのでは?
その原因は、「人が持つエネルギー」かもしれませんよ。

私もそうですが、皆さんも、歩いている間に考え事をしていたり、嫌なことを引きずってイライラしながら移動したりすることって、ありますよね。
多くの場合、人とすれ違う時や、人ごみの中を行く時は、ひとりの人と近付くのはごく短い時間ですが、
その一瞬の間にさえ、ひとりひとりがそれぞれに感情や思考を持っています。
表面的にはほとんど何も起こっていないように見えても、実はエネルギー的には、その一瞬の間に、
誰かに影響を与えたり、誰かから影響を受けたりしてしまうことがあるのです。

思考や感情によって、その人の放つエネルギーの性質は変化しますが、実際にはそうした部分のみならず、
身体の状態や、その人自身すら気付いていない無意識の領域もエネルギーに大きく影響しますので、
「人間」のエネルギーというのは、実に様々な性質のものが入り混じっている状態です。
ひとりの人間でもそうなのですから、まして人ごみの中となると…
想像には難くないかと思います。
加えて、人ごみの中では、影響を受け、または与え、の状態が連続して、何度も何度も続くことになります。
これでは、エネルギーに敏感な人の中には、(特に精神的に)疲れてしまう人も出てくるのも頷けますよね。

boy-666803_640

しかし、「よし、移動中に何も考えないようにしよう」というのも難しいですし、
先ほども申し上げたとおり、身体や無意識によるものも大きいですから、
エネルギー的に完全に「人から影響を受けないようにする」のも、「人に影響を与えないようにする」のも、不可能と言っていいでしょう。

では、「エネルギーに敏感で、影響を受けやすい人」は、どうすればよいのでしょうか。
完全に受けないようにするのはできなくとも、「できるだけシャットアウトする」というのは可能です。
スピリチュアルでは「プロテクション」などと呼ばれているこうした自衛手段は、ご自身のエネルギーで行うこともできますが、
プロテクションに適したアイテムの力を借りることでも効果を発揮します。

タワーバスター(TB)(ホワイト) 《オルゴナイト》

TB(タワーバスター)は、広く使用されている基本的なオルゴナイトです。年間数千台以上が作られています。タワーバスターの名前の由来は、高層ビルや電波塔など、電磁波を発生させるタワーを潰す(バスター)=タワーの悪影響を抑えるという意味です。小振りなサイズながら、400mの範囲内のネガティブなエネルギーに。容量80ml、62x30mm、重量92g。家電製品などの電磁波を発するものの近くに置くと、電磁波からの悪影響をブロックしてくれるとして知られています。庭の隅に埋めると、隣人からの良くないマイナスな波動をもブロックしてくれると言われています。 放射線の影響や電磁波による健康被害を心配される方で、家中に置いているとの話があります。持ち歩いても良いそうです。

ところで、オルゴナイトをご存知の方の中には、こちらの商品の見た目に少し驚かれたかもしれませんね。
実はオルゴナイトの本質は、「有機物と無機物の重ね合わせ」にあります。

よく見られる、透明な樹脂の中に、金属片や針金、天然石などが閉じ込められているオルゴナイトの場合、
オルゴナイトを固めている樹脂が有機物で、中に入っている金属や天然石が無機物となります。
ただ、「こうしたタイプでないと、オルゴンエネルギーが発生する装置にはならない」というわけではありません。
何を使うか、どう組み合わせるかなどによってエネルギーの強さも変わってくるため、「どうすればより効果的か」はまた別の話ですが、
「有機物と無機物の重ね合わせ」という基本さえ守られていれば、オルゴンエネルギーは発生するのです。
「オルゴナイトは欲しいけど、あのキラキラした感じ、金属っぽい感じがちょっと苦手…」という方も、
このような見た目のものであれば、手に取りやすいですし、気兼ねなく持ち運べるのではないでしょうか。

そして、最後にこれだけはしっかりとお伝えしたいのですが、
エネルギー的に影響を受けたり、与えたりすることは、必ずしも悪いことではありませんし、
また、エネルギーに敏感な性質というのも、決して欠点や損な性質などではありません。
その性質によって、多くの人が気付かないけれど大切なことや、相手自身も気付いていない相手のことに気付く可能性もあるのです。
ただ、エネルギー的に影響を受けやすい環境では、ある程度自衛の必要性はあるでしょう。
しっかりと自衛を行いながら、ご自身の性質を受け入れ、良い方向へ活用できるようにしてあげてくださいね。

地宮みさと(ちのみや みさと)

地宮みさと(ちのみや みさと)

自身の経験から「地に足のついた、日常に活かせるスピリチュアル」に関心を抱き、フリーライターと「自己ハンドリング型スピ アドバイザー」、2つの顔を持って活動中。チャネリングによるメッセージ伝達サービスを提供するなど、今も活動の場を広げている。