アロマテラピーを始めたいけど、お勧めの香りは?

こんにちは、野田です。
5月11日(水曜日)から毎週水曜日レメディアで

「これならできる♪簡単アロマテラピー」

と題しまして、連載をさせて頂きます。

 

「これからアロマのある暮らし始めてみたい!

だけど、右も左もわからない・・・」

 

そんなあなたに、自分で今すぐできる

アロマテラピーの楽しみ方を毎週お届けします。

楽しみにしていてくださいね。

 

さて、あなたは・・・

 

「アロマテラピーを始めたいけど、どんな香りがいいの?」

と、悩んでいませんか。

091741

アロマ精油と言っても、様々な種類があり

ラベンダー1つにしても数百種類もあったりします。

その中から、自分にあった香りを探す・・・

中々ハードルが高く、最初の一歩が踏み出せない。

私もそんな悩みを持つ1人でした。

 

今回は、あなたにピッタリの香りを探すために

必要な情報をお届けします。

 

あなたに必要なもの、不要なもの

 

香りって見えないですし、アロマテラピーって

ミステリアスで不思議なモノって思っていませんか。

実はアロマテラピーはれっきとした科学。

香りの成分は実は化学物質なのです。

香りのもとになる成分は、鼻から空気と共に体内に取り込まれます。

そして、直接脳に刺激を与え作用します。

鼻粘膜や皮膚の毛細血管から体内に取り込まれます。

嗅覚_1462154966

 

嗅覚は、動物がその対象を自分にとって必要なものか

不必要なものか、それとも害のあるものなのかを

判断する為に存在しています。

 

例えば、美味しそうな料理や、よく熟した果物。

キレイな花はとてもいい匂いがしますね!

 

一方で、腐ってしまったものや動物の体内から排泄された

排泄物はイヤな臭いがします。

良い香りは、その個体にとって利益をもたらすものであり

必要なものであると判断されます。

20160116

イヤな臭いは、その個体にとって不利益をもたらし

害を与えるものです。

つまり、その個体にとって必要ないものというわけです。

 

「いい香り♪」と思った香り

それがあなたに合うアロマ☆

 

それでは、どんな香りがあなたにあうのか?

最初に判断する基準をお伝えします。

それはズバリ、あなたが

「いい香りだなぁ!」

と感じた香りが、今のあなたの体調や

精神状態にマッチしているのです。

 

どんなに素晴らしい効果があるアロマ精油でも

どんなに値段が高いアロマ精油でも、あなたが嫌いな香りは

あなたの心身に合っていません。

どんなに口コミが良くても

誰もが「いい香りだ」と口をそろえて言っても

あるいは、偉い先生のお勧めであっても

あなたが嫌いな香りは、あなたに合っていません。

20160315

また、この感覚は同じ人であってもその日によって

「いい香りだ」と感じる時と、そうでない時があります。

ですから、実際にサンプルの香りをかいでみて

自分が良い香りだと思うアロマ精油を

いくつか購入してみましょう。

 

そして、体調やその日の気分によって

あるいは、自分がなりたい状態を選んで、

その日に使うアロマを決めましょう。

 

ちなみに、いくつもサンプルの香りをかいで

匂いが解らなくなったときは一度自分のにおいをかぎましょう。

 

そうすると、麻痺した嗅覚がリセットされて

嗅ぎ分けができるようになります。

私も自分で調香することがあります。

香水を作る時は7~13種類の精油を使います。

人が嗅ぎわけ出来るのは、3種類くらいまでです。

それ以上はよくわからなくなってしまいます。

 

 

最初はこの3種類のアロマ精油がお勧め!

 

そうはいっても、アロマ精油にはとても沢山の種類があります。

値段もピンからキリまであり、数百円で買えるものから

とても高価なものもあります。

中でもローズオットーはバラの花びらを蒸留して精製する

とても高価で貴重な精油です。

たった2mlで1万円以上します。

ですので、初心者でも買いやすく扱いやすい精油を

私がチョイスしてみました。

 

ラベンダー

ラベンダー_1462167188

ラベンダーはリラックス効果が高く、炎症を抑える効果があります。

ラベンダーの鎮静成分は 酢酸リナリルといいます。

脳や脊椎などの中枢神経に作用し、心身のバランスを整えます。

ラベンダーの香りをかいでみて、嫌いでなければ

1本は持っていたい精油です。

 

ベルガモット

ベルガモット_1462169476

ベルガモットは柑橘の皮からとれる精油です。

昔から、香水の材料として多く利用されてきました。

ベルガモットの香りが想像できない場合、

紅茶のアールグレイの香りを思い出してください。

アールグレイは紅茶にベルガモットの香りをつけたものです。

ベルガモットにもラベンダーと同じ中枢神経を鎮める効果があります。

その理由は、ラベンダーに含まれている酢酸リナリルが

ベルガモットにも含まれているからです。

ラベンダーが苦手な人でも、ベルガモットは大丈夫という方が多いです。

 

ローズマリー

ローズマリー_1462169389

ローズマリーはハーブの一種で、料理にもよく使われます。

爽やかな香りで精神を高揚させる働きがあり、

集中力が研ぎ澄まされます。

また、心臓の働きをよくして、血流を良くします。

筋肉痛や肩こりには、バスソルトや

オイルマッサージで使うといいですね。

また、肌や髪にとても良いので

シャンプーやせっけん、化粧水にも向いています。

スーッとした香りで、何に似ているかというと・・

胸に塗るタイプの例の風邪薬に似ています。

 

いかがでしたか。

あなたも、沢山の種類のアロマから

自分が大好きな香りを見つけて

毎日いい香りに包まれた豊かな生活をはじめてみませんか。

そう、あなたが好きな香りが

あなたに合っている香りなのです。

 

アバター

野田 長世

1972年生まれ Webライター・コンサルタント。看護師・アロマテラピーアドバイザー メディカルハーブコーディネーター。「アロマテラピーを始めたいけど、何からはじめていいのか解らない・・・」そんなあなたに、家庭で気軽に始められるアロマテラピー最初の一歩をご提案します。