色で睡眠の質が変わる?ベッドカバーの色を変えてみましょう

新しい年度が始まってしばらく立ちますが、「何だか眠れない日が続いている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

春はぽかぽか陽気で気持ちがほっこりする反面、新しい環境への対応から、何かと緊張しがちな時期ですよね。
知らないうちに気負っていて、気がつくとどっと疲れているという人も多いようです。

責任感が強い方には特にこういったところが見られますよ。

 

8ca2c4c7f08d88567bfbb66b17f2baff_s

 

ストレス、プレッシャーは、人によっては「不眠症」の原因ともなります。
4月に入ってからあまり眠れていないという方は、ストレスによる緊張が原因かもしれません。
「常に気が張っている」ということはありませんか?

 

不眠の症状を解消し、体に疲れを残さないようにするためには、何よりも“質のよい眠り”が大切になります。
ぐっすり眠って起きた朝って、心も体もすっきりしていますよね。
晴れやかに1日を過ごすためには睡眠がとても大切だということが分かります。

 

疲れを残さない睡眠を得る。
そのために、ベッドカバーの色を変えてみませんか?

 

おすすめは、「ブルー」または「グリーン」です。
カラーセラピーの世界では、ブルーは心を鎮め安らかな眠りに誘う色、グリーンは心に癒しや安らぎを与え、深いリラックスに導く色です。

 

春から初夏にかけて使うのなら、パステルカラーのものを使ってみてはいかがでしょう。
色の力が心地よい安らぎを与えてくれますよ。

ただ、もしあなたの不眠症がちょっとばかり頑固な不眠症の場合は、ベッドカバーの色を変えると同時にフラワーエッセンスを併用したほうがよさそうです。

 

その場合は、次の2つのエッセンスに目を向けてみて。
不安な神経を鎮めて、心地よい眠りに誘ってくれますよ。

 

レスキューナイト《バッチフラワーレメディ》10ml (箱なし/ポスト投函OK)

レスキューナイトは、眠りにつくとき悩みごとや心配ごとが頭から離れず、なかなか寝つけなかったり、眠りが浅くて怖い夢を見てしまうとき、または海外旅行で時差ボケしているときに役立つフラワーエッセンスです。不安や神経の高ぶりを軽減し、落ち着きとリラックスをもたらします。世界で最もよく使われるレスキューレメディ(インパチエンス、クレマチス、チェリープラム、ロックローズ、スターオブベツレヘムの5つを調合した緊急用のレメディ)に、ホワイトチェストナット(静謐)をブレンドした、夜に特化したものです。枕元に常備しておき、気になることを何もかも忘れてぐっすり眠りたい夜にお使いください。

 

ピースフルスリープ(穏やかな睡眠)《スターエッセンス》30ml

不安を取り除いて心身ともにリラックスさせ、静穏で安定した眠りを促します。それは深く美しい休息のイメージ。脳が活発に働きすぎて、いろいろと考えてしまって眠れない時や感情が高ぶって眠れない時、まるで子守唄のように心地よい眠りを誘います。

 

☆ワンポイントアドバイス☆
フラワーエッセンスの使い方として、多くの人が眠る前に飲むことを考えると思いますが、不眠症に関してはお風呂に入れたり、ベッドカバーを洗う時に仕上げに数滴入れたりするのもおすすめです。

不眠を助ける色とエッセンスの力を借りて、心身共にすっきりとした朝を手に入れましょう。

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。