「桜の色」は恋の色?恋愛がうまくいく色とは?

こんにちは。卒業式が終わり、修了式シーズン。
そろそろあちこちで桜のつぼみが開き始めた頃ですね。
皆さんの地域は、桜は咲いていますか?

 

a0790_001150

 

肌寒かったり、暖かかったり、天候が安定しない春は、何だか片思いと同じエネルギーを持っているような気がします。
そして、そんな春の代名詞・・・繊細で柔らかく、でもどこか芯の強さを感じさせる桜色は、これから恋を始めよう、前に進めようという人にぴったりの色。

 

カラーセラピーで見ると桜色は「ピンクにうっすらコーラルが入ったような色」なので、大人ピンクとも言えます。
まさに大人の恋にぴったり。

 

そんな桜色を日常やファッションにさりげなく取り入れてみませんか?
おしゃれに自信のある方は、小物やスカーフで桜色をどうぞ。
でも、うまく取り入れられないという方には、フラワーエッセンスをおすすめしますよ。

 

さくらフラワーフラワーエッセンススプレー~春の雫~《シャンドゥルール》25ml

愛情、優しさといった「愛」がテーマの緋寒桜(カンヒザクラ)のフラワーエッセンスと、バニラ、イランイラン、ローズオットー、ラベンダーのエッセンシャルオイルの香りが楽しめるスプレーです。家族、特に母親との確執や母からの愛情に関する悩みをお持ちの方や、失恋など過去の傷を癒してくれます。また愛を引き寄せ、新たな出会いを促します。とてもあたたかなエネルギーがハートチャクラに働きかけます。

 

ちなみに、桜色の他にも恋愛におすすめの色があります。
それは、何と言ってもピンク。
天然石でも色でも、そして数字でも、ピンクを表すものはすべて恋愛に関係しています。
ピンクはハートチャクラの色で、「心から湧き立つ想いを支え、恋に前向きになることを助ける色」です。
そんなピンクを取り入れるには、洋服という手もありますが、私のおすすめはメイク。

 

春だからこそ、アイシャドウやチーク、リップにピンクを取り入れて、甘くフェミニンな女性になってみませんか?

 

Rieko

Rieko

日常生活に心の彩りを。色と数字、心の世界に惹かれて十数年。「日常の中に取り入れる自然な癒し」をテーマに毎日を送っています。私たちの世界にあふれる色彩。その色の話を中心に、数字や心、ハーブ、フラワーエッセンスの話を綴っていきます。