【体調管理】季節の変わり目に体調を崩してしまう方へ

季節の変わり目は、なにかと体調を崩しやすいもの。気温差の激しい日が続いたり、朝晩の冷え込みから咳が出たり、頭痛になったりする方が多いようです。
季節病、気象病による体調不良に陥りやすいそうです。

今回は、季節の変わり目に体調を崩してしまう方におすすめのフラワーエッセンスをご紹介します。

まずは、オリーブ(元気・活力)で体調をコントロールできるようにしましょう。
疲労を回復してエネルギーを補給、プレッシャーやストレスにも強く対処できるよう手助けしてくれます。
身体の消耗を早めに察知して、自分の持つエネルギーを効率よく使うことができるようにしてくれます。
普段は元気な方も季節の変わり目に飲むといいですね。

1_000000001256

オリーブ(元気・活力)《バッチフラワーレメディ》10ml

 

 

季節が変わると、睡眠のリズムが変わってきます。
すると、睡眠ホルモン(メラトニン)の分泌量のピークが早い時間帯に移動し、睡眠に大きな影響を与える体温も最も低くなる時刻が早まります。冬から春へ暖かくなってくると副交感神経が優位にもなってきます。

このように体の中のいろいろなリズムが変わってくる季節の変わり目は、新しい状態に慣れるまで体調不良を生じることがあります。
新しいリズムになるべく早く対応できるよう手助けをしてくれるのがウォルナット(平常心)です。

1_000000001266
ウォルナット(平常心)《バッチフラワーレメディ》10ml

 

気圧の影響を受けやすい人もまた、季節の変わり目に体調を崩しやすくなります。

例えば、晴れの日は身体が軽く、元気に、そして心も軽やか。
晴れの日は、高気圧で空気中にたくさんの酸素がありますので、交感神経優位の状態になりやすいため、体が活発に動く状態になります。

反対に、曇りや雨の日はやる気が起きず、体調不良になりやすいですよね。
雨の日は、低気圧で空気中の酸素は少なくなり、血管が拡張します。そして副交感神経優位になりやすくなります。
つまりあまり活発的な状態ではありません。

自律神経のバランスを崩すと、なんだかだるい、いつも眠いなどといった春の体調不良に陥りがちになります。
そんな時は、マスタード(明るさ)で気持ちをあげていきましょう。自分本来の活気を取り戻す手助けとなりますよ。

1_000000001254
マスタード(明るさ)《バッチフラワーレメディ》10ml

 

このように気圧の影響を受けやすい人は、規則正しい生活で自律神経のケアをすることが大切です。
朝の太陽の光には精神を安定させる「セロトニン」というホルモンを増やす働きがあります。
晴れた日に太陽の光を浴びて「セロトニン」を増やし活性化させると交感神経が適度になりますので、
朝、しっかりと朝の日の光に当たることを心掛けるといいですね。

 

さて、太陽晴れの恵みはフラワーエッセンスでも活用しています。
花を湧き水に浮かべて太陽の光を当てる「太陽法」という作り方です。

4_000000001256

草花が一番美しく咲いている時期に摘んでそのエネルギーが最大限に発揮されるよう、曇りのない太陽の陽射しを使っているんです。

いつも当たり前のようにある太陽ですが、ちょっと意識してみませんか?

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。