アロマオイルを活用して花粉の季節を爽やかに過ごしましょう♪

みなさん こんにちは AEAJ認定アロマテラピーアドバイザーの花山さくらです。
 

最近、たくさんくしゃみをしたり、咳き込んだり……風邪かと思っていたのですが、ついにあの季節がやってきたようです。

そう!花粉の季節です。

私は典型的な花粉症で、くしゃみや咳、鼻水に目のかゆみなど、いろんな症状で困っています。

この記事を読んでくださっている方の中にも、花粉症に悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

最近では、大人だけでなく、小さな子供も花粉症で困る方が増えてきているようですね。

 

さて、こんな時こそ、活用したいのが、アロマオイルです!

たくさんある天然由来のアロマオイルの中には、もちろん、花粉症の症状にも適応するものがあるんですよ。

 

今日は、そのオイルをご紹介しますね。

 

まず、おススメなのが、ユーカリです。

ユーカリプタス・ラディアータ《ミカエル・ザヤット》5ml

ユーカリプタスは、ハートを開放する香りです。ウィルスへの抵抗力を高め、免疫力アップに役立ちます。

 

ユーカリと言えば、コアラの食べ物!というイメージを持たれている方も多いでしょう。

その通り、あの葉から抽出した精油が、花粉症の辛い症状を和らげてくれるんですよ。

ユーカリの香りは、つんとしていて鼻を通してくれる効果があります。

また、花粉によってダメージを受けた鼻やのどの炎症を鎮めてくれる働きがあるんです。

 

 

他にも、おススメなのが、カモミール・ジャーマンです。

ジャーマンカモミール《ミカエル・ザヤット》5ml

ジャーマンカモミールは、毒性が低いので幅広い年代に応用できます。「本当の自分をわかってもらえない」と感じる時、態度が和らぎ、自分の感受性を素直に表せるよう促します。

 

一口にカモミールといっても、

ジャーマンとローマンという種別があるので、間違わずに選んで下さいね。

 

ところで、カモミール・ジャーマンの働きはというと、

花粉症などのアレルギー症状を抑えてくれる働きがあります。

ユーカリの強い香りとは異なり、カモミール・ジャーマンは、比較的甘く優しい香りなので、アロマテラピー初心者さんでも取り入れやすい香りですよ。

 

これから花粉の季節が続きますが、上手にアロマオイルを活用して、花粉の季節を乗り切っていきましょうね。

2_000000002462

アバター

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。