実はあまり良く知らない?そもそもアロマオイルって何?

こんにちは 花山さくらです。
最近、良い香りがする商品がたくさん販売されていますよね。

 

香水を始め、ルームフレグランス、身近なところでは、
ボディソープやふんわりと香るお洗濯の柔軟剤など、いろんなシーンで良い香りが漂っています。

 

中でも、今注目されているのが、天然の植物由来のアロマオイルの数々です。

 

みなさんは、「アロマオイル」という言葉を聞いたことはありますか?

 

「エッセンシャルオイル」や「精油」という言葉が使われていることもあるので、どこかで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

アロマオイルというのは、植物由来のオイルで、植物から採取された香りがします。最近では、人工的に作られた香りのものもアロマオイルと呼ばれています。

 

しかし、厳密には、植物の葉や花、実や根、種子や樹皮、中心部にあたる心材や樹脂など、といった部位から抽出される天然のオイルのことを言います。

 

広義のアロマオイルが、人工の香りを含むのに対して、エッセンシャルオイルや精油は狭義の意味で、天然由来の植物の有効成分を高濃度で含んでいるのが特徴です。

 

また、これらのエッセンシャルオイルは、植物由来の香りがするだけではなく、その植物独自の有する働きがあります。

 

例えば、ラベンダーだと鎮静効果、ペパーミントなら覚醒効果というように、
香りが人体に吸収されることで、様々に働きかけをしていくのです。

 

一般に、様々なアロマオイルやエッセンシャルオイル、精油が販売されていますが、選ぶときには、100%自然由来の成分を配合しているものを選んで下さいね。

また、エッセンシャルオイルは揮発性を有しているため、消費期限も記載されています。

オイルを購入する際には、比較的鮮度が高く、消費期限が先のオイルを選ぶようにしてくださいね。

 

23

 

ペパーミント《ミカエル・ザヤット》10ml

ペパーミントは、シャープでしみ通るようなメンソール香で、意識を明瞭にするエッセンシャルオイルです。

 

アバター

花山さくら

今話題の美容やコスメ情報、恋愛などを専門とするフリーライター。アロマテラピーアドバイザーやメディカルハーブセラピストなどの資格を活かして、専門的な知識のもと、繊細な女性に癒しを提供していきます。