「五月病」におすすめのフラワーエッセンス、オイル、ハーブ

4月から新しい環境や新しい生活が始まり、期待と不安の中、はじめのうちは、張り切っていたのにもかかわらず、GW明けから、気分の落ち込みや、疲れ、仕事や勉強、家事などに集中できない、眠れないなどといった症状で悩んでいませんか?このようなスランプ状態に陥る「五月病」は、精神的な症状だけではありません。新しい環境の変化についていけない焦りやストレスが、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸など身体の症状となって出てくることもありますので注意しましょう。

 

新しい環境の変化についていけない焦りやストレスによるさまざまな症状には、
「五月病を乗り越えるためのフラワーエッセンス特集」を参考にフラワーエッセンスをお選び下さい。

smh_titlebanner_gogatsubyou

 

他にも、香りとともに癒し、ストレスを解消するオイルやハーブなどもあります。

アンシェントメモリーオイルからは、ストレスレス(ストレス軽減)やヒーリング(癒し)がおすすめ。

ストレスレス(ストレス軽減)

ストレスレス(ストレス軽減)15ml
心配事やマイナス思考から解放に。

 

ヒーリング(癒し)

ヒーリング(癒し) 15ml
身体と心、そして魂を癒す。

 

エッセンシャルオイルでは、ミカエル・ザヤットのブレンドオイルを使ってみませんか?
ボトルを開けて深呼吸するように香りを嗅ぐだけでも、リラックスできます。

リラックス

 リラックス 5ml

 

またリラックスタイムには、ブリスティアのハーブティーを飲みましょう。

リラックス ティーパック 10包

リラックス ティーパック 10包
ストレスによって失われがちなビタミンCの補給と疲労回復にも役立ちます。

 

以上のようにフラワーエッセンス以外でも心身を癒す時間を作って、ストレスを溜め込まないようにしましょう!

Tamami

Tamami

子育て世代の女性のお悩みを多数カウンセリングしています。 思春期や障害のお子さんについてや死別の悲しみを抱えている方、親との関係にお悩みの方など、友達に相談するようなカウンセリングを心がけています。フラワーエッセンスだけでなく、アロマを用いた癒しが得意。